墓石と静岡の霊園

静岡の霊園と墓石

墓石を建てるには静岡の霊園は人気である

メインイメージ

墓石と静岡の霊園

大切な家族が亡くなった時、通常は故人をしのぶためにお墓へと祀られます。

もちろん、墓石を必ず立てる必要はなく、本人の強い希望により海に骨を撒いたりする場合だってあり得ます。

人それぞれではありますが、やはり一般的にはお墓に祀られるものでしょう。

お墓を建てる場合は、基本的には石いわゆる墓石になります。

これは、古くからの日本の伝統です。

セラミックなどのお墓がメディアなどに取り上げられ流行っていた時期もありましたが、すぐにブームは去りました。

やはり硬い石でなくてはなりません。

日本人にとって石は古くから聖なるものだという扱いを受けているからです。

また、墓石がある霊園などは山など自然が多い場所にありますよね。

理由は色々とありますが、墓石はあの世とこの世の入り口とも呼ばれています。

神聖なる墓石は自然などに囲まれた神聖な場所になくてはならないのです。

東京や神奈川などの首都圏では自然が豊富な地域は少ないですが、そういった意味で東京からそれほど遠くない静岡の霊園は大人気です。(静岡でも人気の高い牧之原石材

静岡は、大自然に囲まれた霊園が数多くあります。

一つ一つの霊園の規模も大きいですし、富士霊園のようなお花見の名所ともなる霊園もあるのです。